5月27日はいよいよNHS(5)です。

皆さんこんにちはスクールです。
今週の発酵食品の目玉は何といっても、塩麹づくり体験です。
汗をかく時期だからこそ、塩分をほどほどに摂りたいですね(^^)
塩麹はお肉を付ければ柔らかくなり、お魚に付けて焼けば旨味がまします。
ドレッシングにも最適ですし、お菓子にもなるんです‼
 
今週、土曜日のNHSは旨みの元である天然菌のことをお伝えします。
さてさて、ここでは秘伝「塩麹スコーン」のレシピをご紹介します。
 
「塩麹スコーン」     10個分   40〜50分
 
<材料>
・木次バター(無塩)    60g
・自然栽培小麦粉      200g※卵が大きければ220gほどで
・ベーキングパウダー    小さじ1
・有機粗製糖        50g
・卵            1個
・塩麹           大さじ1
 
◎バターは1センチ角に切り、使う直前まで冷蔵庫でよく冷やしておく。
◎オーブンは180〜190℃に予熱しておく。
≪作り方≫
(1)    ボウルに小麦粉、ベーキングパウダーを合わせてふるい入れ、粗製糖を加えてよく混ぜる。
(2)    (1)にバターを加え、指先に熱で溶けないように手早くもみ込み、さらさらの状態にする。両手ですり合わせるようにして。
(3)    (2)に卵と塩麹を加え、粉っぽさがなくなる程度に手早く混ぜ、ひとつにまとめる。
(4)    分量外の打ち粉をふった台に(3)を取り出し、手のひらで押さえながら2センチの厚さくらいに伸ばす。型で抜き、残った生地はもう一度まとめて抜き、最後は手で丸めて形を整える。型以外でもコップのふちやココット皿で抜いても大丈夫です。
(5)    天板にクッキングシートを敷いて(4)を並べ、180〜190℃のオーブンで焼く。
小さいものは12〜15分くらい焼いて、大きいものは18〜20分ほど焼く。
(6)    焼きあがったスコーンを器に盛り、そのままでもメープルシロップやお好みのジャムを添えてもい美味しいです。
 
手で生地を混ぜたり、型を抜いたり、丸めたりと単純な作業はぜひお子様に手伝ってもらいましょう♪♪おやつにも朝食にもピッタリのスコーンです。
 


 
RingBlog v3.20f
RSS1.0