クレイ(粘土)で洗う。 植物のオイルでうるおす。

季節の変わり目で、お肌の状態も変わりやすい季節ですね。

最近、中学生の息子の生え際にニキビを発見。
ニキビのできやすいお年頃なんだなぁ、と実感しました。

店頭で、脂性肌のお客様より、「おススメのせっけんと化粧品はありますか?」と
聞かれる事があります。
その時は、私は『ガスール』で洗う事をおススメしています。

モロッコでは、古くからせっけんのように使われていた『ガスール』
顔だけでなく、体や髪もクレイで洗うのがモロッコ流。
粘土の吸着力が肌の汚れを取り除き、ミネラルがお肌をしっとりと洗い上げます。

脂性肌の方は、あぶらっぽさを洗い流そうと、洗浄力が強い洗顔料で洗いがち。
洗いすぎると乾燥し、肌はさらに脂を出して潤そうとするといわれてます。
『ガスール』はさっぱり洗えて、洗い上がりはつっぱらずほどよいしっとり感。
粒子が細かいので、お肌を傷つけることはありません。
 

洗顔だけではなく、パック、洗髪、全身の洗浄、手作り化粧品の基材にも。

『ガスール』で洗った後は、これからの季節、保湿力の高い『アルガンオイル』でお肌の保湿ケアもおススメですよ。


 
ガスールは固形と粉末がございます
ナイアードの商品


 
RingBlog v3.20f
RSS1.0