Newsお知らせ

2021.09.02

ピュアリィ

銀之輔さんの講演会を受けて スタッフ体験談

こんにちは。
ピュアリィの青木です。

先日行われた銀之輔さんの天を味方にする生き方講演会にスタッフとして会場で聞かせていただきました。

次の日に不思議な体験をしましたので、この場を借りてお伝えさせていただきます。

講演会の中で、銀之輔さんは川の流れ。流れにまかせないのは地球上で人間だけとおっしゃっていました。

「川の流れを見ていると…。
人間界と同じ。
余計なことをやっている人は抜け出せない。
同じこと考え行動しない人は腐って沈んでしまう。
考えずに流れに身を任せて生きていくと思い通りに上手くいく。」

その言葉が印象に残り、
次の日に家族と会話して、自分たちが心地良い生き方ってなんだろうと言うことで、今日はみんながやりたいことを言い合おう!となりました。

異国料理が食べたい。
蝶々やトンボを捕まえたい。
涼しい所に行きたい。
綺麗な水に癒されたい。
時間を忘れたい。
などなど。
みんな楽しそう。

だったら全部やってみたらいいじゃん!ってことで、さっそく車に乗り込みました。

乗り込むや否や、雨が降り出し肩を落とす子供達。

そこで銀之輔さんの講演会で話していた言葉を思い出し、口に出すことにしました。
「口に出したことは現状として起こる。」
みんなで一斉に「お天気になりました!晴れました!」と車の中で、大声で叫びました!

その瞬間に晴れ出して驚く子供達。
「魔法みたい」と目をキラキラさせて嬉しそう。
それからは言いたい放題(笑)
みんな楽しそう。

おっきな蝶々とトンボを獲りたいと言う息子。

到着した時にはすっかり晴れ。


日差しが強く、早く冷たい水に入りたい。
みんなで川へ入って思い思いに過ごしました。


子供達も自分たちで遊び方を見つけ夢中に。

そこへ息子の願いを聞いたかのように現れたオニヤンマ。
オニヤンマはトンボの中では大きく子どもたちにも大人気。街中では滅多に見ることもできません。

興奮した息子は虫網で挑むもあっさりと交わされる。
笑って見ていたらなんと!

捕まえていいよと言わんばかりに息子の頭に止まりました!


息子に動かないように伝えて捕獲しました。


息子は言ったことが現状となり大きいオニヤンマに大喜び。
よかったね〜後で帰そうねね!と言うと素直に「うん」と答えました。

ひと通り涼み癒され、楽しんで、お腹減ったね〜と帰りながらオニヤンマを元の場所に放すことにしました。

息子が虫かごを開けようと準備していたその時。
もう1匹のオニヤンマが息子の虫網に止まりました。
まるで、家族かパートナーを見守るかのように。
息子が驚いてオニヤンマは去って行きました。その後、捕まえたオニヤンマに別れを告げ、不思議だったね〜と手を繋ぎながら話してくる息子に「また会えるよ」と話しました。

その後は異国料理を食べたいと言うことで、ベトナム料理、フォーを食べに行き、大人も満足しました。

1日を振り返ってみると、
嫌なことが一つもなかった。
些細な兄妹喧嘩もなかった。
心地良く、そしてみんな自由だった。

銀之輔さんの講演会を聞いたことにより、
今までの世界観よりもっと視野が広くなり、たまたまかも知れませんが、実際に体感することができました。

自然と共に生きる。
自然の流れに身を任せる。
心地良いことをやる。
この言葉を胸にこれから家族で日々を楽しみたいと思いました。

銀之輔さんありがとうございました。
またお会いできる日を楽しみにしています。