Purely Blogブログ

2020.08.11

NLセミナー

【子どもの発熱のとき、どうしますか?】

この記事を書いた人: ピュアリィ
アバター

こんにちは!

ベジルッツの関川です。

 

8月に入り、暑さが本格的になって、水遊びが心地いい季節となりましたね。

私の子供の保育園でも、水遊びが始まりました!

それと同時に、風邪も流行っているようです。。。

私の子供も先日、夏風邪を引きました。

朝から38度の熱を出し、昼には40.2度まで上がりました。

熱が高くなり、ぐったりしてきたので、念のため病院に行き、診てもらうと、のどが少し赤いとのことで、夏風邪でした。

帰ってから、睡眠をとると徐々に熱は下がって38度になり、翌日には37度に下がっていました。

もちろん、薬などは一切、与えていません。

子供の体を見ていると、本当に人間には自然治癒力があって、治そう!治そう!と、体が反応しているのが、分かります。

病院では、発熱の際、「解熱剤」を出すところが多いですが、無理に熱を下げるとかえって長引いてしまうことがあるようです。

薬を頼る前に、本当に必要なのか考えてみませんか。

もう少し詳しいお話が聞きたい方、ピュアリィでは、「薬に頼りすぎない生き方」をお伝えするオンラインセミナーを行っています。

ぜひ、一度聞いてみてください。

詳しくはこちらからどうぞ

http://nh-purely.co.jp/blog/5822

また、風邪をひかないためには、日ごろからの体つくりが大切です。

美味しいお米と旬の野菜を食べて、元気に夏を乗り切りましょう。

店頭では、おいしい自然栽培のお米とお野菜がそろっています。

皆様のお越しをお待ちしております。