Purely Blogブログ

2019.05.11

NLセミナー

NLS 第3回 土曜日校でした。

この記事を書いた人: ピュアリィ

今回のセミナーの内容は「食べ物が人の体をつくるって本当ですか?

-食の本質、ここを知ることがポイント―

講義後にテーブルを囲んでお話会を行いました。
初めてのお客様同士でも、話が盛り上がりました!

受講いただいた感想をお伝えさせて頂きます。

・消費者である私たちが、遺伝子組み換え食品が流通する社会をつくってしまったことが分かりました。購入を投票と思い考えながら買い物をしていきます!ケーキ、とてもおいしくて満足感でいっぱいです。ごちそう様でした。(M.M様)

・遺伝子組み換えやゲノム編集など、ニュースで聞いて気になっていたけど、よくわかっていなかったことを知ることができ、とてもよかったです。種苗を外国企業が独占しようとしていることや、全世界に遺伝子組み換えが広がっていることなど、思ったより深刻な状況で怖くもなりますが、自分で固定種のタネをまいて食べ物をつくったり、楽しんで対応していきたいです。(H.M様)

・しょうゆや豆乳がいい物を選ばないととは、思っていたけど、日本がGM食品輸入世界一ということ、普段食べていた食品が出てきてショックでした。自分で食品表示を見るクセはあって選んでいたけど、全然わかってなかったと思いました。F1とか固定種の話は聞いたことあったけどどういう仕組みになっているのかわかって良かったです。(H.E様)

・種を守る働きは、次の世代に伝えることが、大事であることがよくわかりました。(S.N様)

・種子の問題は大変驚きました。私たちが意図しない間に輸入している遺伝子組み換えの作物が国土に根づきつつあるというのは大変怖い気持ちになりました。意図を持って種子を守っていく必要性を強く感じました。(M.T様)

・私は大学時代農学部に所属していたのですが、化学研究の方にいたので、非自然的なものも学んでいました。その中にいると、非自然なものを悪いと思わなくなる感覚になっていました。でも、年を重ね、子どもを産み、自分の経験が重なっていくにつれてやっぱり自然が一番だと気づかされました。今回の講義でゲノム編集の話の時に、自分の学生時代を思い出しました。自然なものが一番。でもそれを守り抜くことの難しさ。でもやっぱり自然は尊い。そう思えたセミナーでした。ありがとうございました。(N.H様)

・今回も種についてよくわかりました。農大の友人にもシェアしたいと思います。(T.K様)

以上となります。
沢山のご参加ありがとうございました。

火曜日にもう1度行います!

次回は5月14日(火)18時30分~21時

お申し込み、ご予約はこちら