Purely Blogブログ

2019.03.16

リリコットン

創業感謝祭レポート「シャボン玉石けんワークショップ」

この記事を書いた人: ピュアリィ

 

 

こんにちは!(^^)/

ピュアリィ創業感謝祭では、たくさんのお客様にお越しいただき、誠にありがとうございました!

今日は、当日開催されたワークショップで、株式会社シャボン玉本舗 加藤友和氏をお迎えして「石けんづくりワークショップ&お話会~香りの害「香害」って知ってますか?~」の模様をご紹介します。

シャボン玉石けんでは、天然油脂にある保湿成分が石けんに残る「ケン化法」にこだわって石けんを製造しています。多くの一般的な石鹸は保湿成分を取り除き短時間で作るのに対し、1週間かけて炊き上げる方法を今も尚続けている理由とは何でしょうか。

 

一般的な「合成洗剤」と「石鹸洗剤」はどのような違いがあるのか。というお話から始まりました。前者は、生物の生態系に良くない影響を及ぼしている事実の映像や、食品衛生法では有害とされている蛍光増白剤(洗濯物をし白くする成分)の実験もありました。アメリカでは発がん性があるという報告がある蛍光増白剤。洗濯の時に手に洗剤がつくことは当たり前ですが、蛍光増白剤は洗っても中々落ちないのです。目には見えませんからブラックライトで照らすという実験では手が白く光っていました!そのまま食べ物を触るといったことが日常的にあると考えるとみなさんびっくりという様子です。そして、「無添加洗剤」という表記の商品でも着色料など1つだけでも添加していなかったら「無添加洗剤」として販売されているものもあるそうです。その他0.5%未満の合成成分は品質表示しなくていいという法律もあるという事。今回特に、クローズアップしたのは柔軟剤などに添加されている「香り」。それは、現在「香害」という名の公害に苦しんでおられる化学物質過敏症の方々のドキュメンタリー映像をご覧頂きながら考える時間となりました。お客様からは、「今までは自分には関係ないと思っていたけど皆が快適に過ごせるような暮らしを自分に出来ることからやっていきたい」などのご感想を頂き、実際石鹸作りのワークショップでは、お子さんからも「石鹸づくり楽しかった!」という声もたくさん頂きました。

自然の営みの中で心地良く生まれる物作りをしているシャボン玉石けんさんの商品をぜひお試しくださいね。

 

シャボン玉石けんの販売をピュアリィネット通販の方でも開始しますよ!

ピュアリィオーガニック通販のページはこちらをクリック!