Purely Blogブログ

2018.06.29

ベジルッツ

米麹で手作り発酵調味料!

この記事を書いた人: ピュアリィ

こんにちは!ベジルッツです(^^)

冷蔵庫に常備しておくだけでいろいろ使えて便利!

生きたままの発酵食品を体に取り入れることができる、手作り発酵調味料を作ってみませんか?

使用するのはこれ!

九州産の無肥料・無農薬の自然栽培米を、マルカワみその蔵付き天然麹菌で発酵させて仕込んだ、ピュアリィオリジナルの米麹です!

現在、麹菌は単一の菌を化学的に培養した『純粋培養菌』を使用するのが、主流になっています。
蔵に棲み付く天然の麹菌は大変貴重で、天然菌発酵による米麹を作れるのは日本では二蔵しか現存していないと言われます。
ピュアリィオリジナル米麹は、そのうちの一蔵である福井県のマルカワみそにて、特別に仕込みました。

天然菌で仕込んだ米麹は、様々な有用菌が相互に働きかけて発酵を行うため、味の深みと旨味が一般的な米麹とは段違いです。

 

そんな貴重な米麹を使って手作りする調味料。おいしくないはずがありません!

代表的なのが、一時期流行した塩麹。

麹と塩、お水を混ぜて発酵させた調味料で、実は昔からある伝統の発酵調味料です。

野菜に混ぜて浅漬けに、ドレッシングに、肉や魚に塗って焼けばうま味とコクが増してこの上ないおいしさに!

カンタンなのに安全でおいしい!これからますます暑くなる季節にはピッタリの調味料です。

米麹の良いにおいに包まれて、楽しく手づくりしてみてくださいね。

【塩麹のつくりかた】

米麹:500g

天然塩:150g

水:660ml

①冷凍庫から米麹を出して解凍しておく。ボウルに入れてポロポロになるまでほぐす。

②しばらくお米を研ぐようにしてよく揉みこみ、湿り気が出てきたら塩を入れてさらに混ぜる。

③最後に水を入れる。

④清潔な容器に移し、常温で保管し1日1回全体をよく混ぜます。

この時期であれば常温で2,3日置いて約1週間ほどで完成です!

※完成後は冷蔵庫で保管してください。

 

また醤油麹は塩麹よりももっとカンタン!

なにしろ米麹と醤油をグルグル混ぜるだけ!なのにうま味成分が塩麹の10倍にもなるとのこと。

炒めものはもちろん、唐揚げ、パスタ、納豆に混ぜたり、おにぎりにつけて焼いたりと、たいへん重宝します♪

【醤油麹のつくりかた】

①まずは米麹と同量の醤油を清潔な容器に入れます。

②グルグル混ぜます。

③翌日になると米麹が醤油を吸ってしまっているので、ひたひたになるまで醤油を足し、混ぜます。

④1日1回全体を混ぜて空気に触れさせ、発酵を促しましょう。

⑤常温で1週間ほど保管し、とろみと麹の香りがしてきたら食べごろです。うまみたっぷり!おいしい醤油麹ができあがります♪

※完成後は冷蔵庫で保管してください。

一見面倒に思えますが、作ってみると本当に簡単で、なんにでも使えるのでお料理の幅が広がります。

1袋あれば塩麹、醤油麹、両方できますよ☆

冷蔵庫に常備してこの夏のお料理に活用されてくださいね!

 

ご来店お待ちしております(^^)/